ニュース

2021年04月28日 10:47

今年の稚魚の状況

4月25日と27日に干潟での稚魚調査を行いました。25日は広島市の干潟へ。干潟にはスズキ狙いの釣り人が数人いました。モクズガニが砂に潜ってハサミを出しています。この日採集できたのはマコガレイ1尾だけで
2021年04月14日 11:20

広島市マコガレイ調査

新年度になり、新しいメンバーが加入しました。今年度も新型コロナウィルスの影響で何かと制約がありそうですが、がんばっていきます。4月上旬に広島市のマコガレイ放流に立ち会ってきました。放流種苗。約3cmで
2021年03月16日 11:00

干潟調査

3月15日に広島市の干潟へ行ってきました。野外調査は久しぶりです。一昨年前まではアオサだらけだった干潟も、アオサがほとんどみられなくなりました。干潟で採集した魚。クジメと思われます。写真撮ってリリース
2021年03月11日 18:59

東北の底魚資源

東北の底魚の研究会議がオンラインで開催されたので、参加させていただきました。震災後、増えっぱなしだと思っていた主要魚種(マダラなど)が一転して減少傾向になっていたことに驚きました。ほかにも減っている魚
2021年02月24日 09:02

2月雑感

前回の記事でも触れたように、2月は例年なら修論発表や卒論発表が対面で行われますが、今年は全てオンラインで行われました。先日には修論中間発表(M1)もオンラインで行われました。研究科が統合されて発表者が
2021年02月05日 18:50

市場訪問など

1月末に広島市中央卸売市場を訪問しました。卒論生のテーマの材料(カレイ類)を収集することが目的です。コロナ禍で見学はお断りということで、学生を連れてこないように言われているので、一人さみしく訪問です。
2021年01月12日 11:35

コロナの影響(生態学の雑誌)

パンデミックで、世界規模で研究活動にさまざまな支障が出ていると思います。特に、研究室に出てこられず、自宅での活動のみに制限されている研究者もたくさんいます。ところが、イギリスの主要な生態学系の雑誌6つ
2021年01月12日 09:33

詐欺にご用心

新年早々、こんなメールが届きました。最近出た論文が研究の賞の候補に選ばれたみたいなことが書いてあります。Dear Author,Congratulations, Your recent...
2021年01月01日 11:19

新年

昨年は新型コロナウィルスで大変な一年でしたが、今年が収束・終息に向かっていくことを願います。あらためまして今年もどうぞよろしくお願いします。今年は丑年ということで、うしにちなんだ魚といえば、研究室のO
2020年12月21日 18:13

山田徹生さんの学位取得(祝!)

水産研究・教育機構の山田徹生さんが論文審査により学位(博士号)を取得されることになりました。おめでとうございます!学位論文題目は「マダイおよびヒラメの成育場利用と種苗放流技術に関する研究」です。これま

冨山毅のウェブサイトへようこそ!

ここは冨山毅個人のページです。研究室のページはこちらです。研究室のブログはこちらです。

サイト内検索

お問い合わせ先

冨山 毅 Takeshi Tomiyama 〒739-8528 東広島市鏡山1-4-4 広島大学 統合生命科学研究科 082-424-7941 (直通)